アクションカメラ最強の GoPro から HERO 10 Black が登場ですが…

こんにちは、楽道家 K2 です

2021年9月16日、GoPro HERO 10 Black が登場しました!

GoPro からの予告メールでその進化に期待していましたが、HERO 9 から買い換えるほどの決定打に欠ける、というのが印象です。

10の主な特徴は以下のとおりです。

GoPro10:Speed with Ease
・革新的なGP2プロセッサー搭載

・5.3K 60の撮影が可能

・23MP写真

・低光量環境での撮影性能が向上

・HyperSmooth 4.0

9のもっさりしたタッチスクリーンの操作性がスムーズになったようです。

9 のサイズと変わらないので、9のカメラアクセサリーが使えるのも助かります。

でも、8 から 9 の時のような「コレは!」といった衝撃的なインパクトはありません。

残念ながら。

だったら、まだ 9 もでいいかな〜、ぐらいの印象です。

使わないと分かりませんが、気になるのは「熱暴走による強制シャットダウン」です。

GoProの制御システムが優秀すぎて、カメラに熱を帯びると電源オフになります。

撮影中に容赦なく。

防水性がすこぶる高く、本体の密閉度が高いがための熱こもりが原因なのかどうかは分かりませんが、まあ、かなりの頻度でシャットダウンします。

冬以外の時季にクルマのダッシュボードに設置しての長時間撮影は正直難しいです。

夏場の昼間に手持ちの撮影もかなり厳しいです。

バッテリーの消耗よりも早くに撮影がオフしてます。

これは、OSMO ACTION も同じ。

あと、Insta 360 もそうです。

360で15分以上撮影すると発熱がとんでもなく、エラー頻発です。

360はちょっとしたVLOGでの使用が適当です。

GoPro 、OSMO、Insta360 はビックリするぐらいカメラが熱くなってしまいます。

どれも、高機能で性能が素晴らしく、さらに安全性能が優れているが故の問題かと思います。

仕方ないですね。

その点、AKASOとかの中華カメラは夏場の長時間撮影にへこたれません。

本体に防水機能がないのが幸いしてか、ドライブレコーダーのように長時間撮影していてもエラーが少ないです。

多少の発熱はありますが、なんとか動き続けています。

今のところ故障もありません。

軽くて、熱に強くて、GoPro とかに比べるとかなりお安くて、画質と音声にこだわりがなければ、まあ使い勝手がいいですね。

あと、AKASOのウェアラブルカメラ KeyChain も、同じウェアラブルカメラ Insta360 に比べると、熱に強いです。

手振れ補正は負けますが。

とはいえ、GoPro、OSMO、Insta はやっぱりスゴいです。

画質も手振れ補正も満足度MAXです。

一度使うともう・・・

GoPro か OSMO から出ないかなぁ、防水機能を省いた、熱に強くて長時間撮影できるシンプルモデルのカメラ。

YouTubeでカメラ撮影動画をアップしています。

33rpm – YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA