幸福感を得るための大切なステップ

こんにちは、Gene-K です

幸福になる必要はないと、思い始めた日から、私は幸福を感じるようになった。

アンドレ・ジッド

このアンドレ・ジッドの言葉は、幸福を追い求めることが逆に幸福を遠ざけることがあるという考え方を示唆しています。つまり、幸せになるために必死になりすぎると、その達成に向けてのプレッシャーや不安が幸福感を奪うことがあるということです。

そう、この言葉は、幸福になりたいという思いを手放しても、幸福を感じることができるという考えです。

彼は、幸福というものは内側にあり、幸福感は自分自身の心の中にあると信じていました。そのため、幸福を求めることよりも、自分自身と向き合い、自分自身の内面に集中することが重要だと考えていたのです。

この言葉は、人生において幸福を見つけるための新しい視点を提供するものであり、私たちが自分自身を受け入れ、自分自身を愛し、自分自身に満足することが幸福感を得るための大切なステップであることを示唆しています。

このアンドレ・ジッドのこの言葉は、VUCAの時代においても重要な意味を持っています。VUCAとは、不確実性(Volatility)、不安定性(Uncertainty)、複雑性(Complexity)、曖昧性(Ambiguity)の頭文字をとった言葉であり、現代社会が直面している状況を表しています。

このような不確実性の高い状況下で、私たちは幸福を追求することがますます難しくなっています。しかし、私たちは不確実な状況下にあっても、自分自身の内面に向き合い、自分自身を受け入れ、自分自身に満足することができれば、幸福感を得ることができるのです。

思考の変革で現実を変える

さらに、この言葉は、幸福を追求することが逆に幸福を遠ざけることがあるという考え方を示唆しています。つまりは自己肯定感を高めること。これによって、VUCAの時代においても、私たちは自分自身の内面に根ざした幸福感を得ることができるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA